寺院の沿革

 

○正覚寺の沿革

 寺伝によれば、もとは紀州根来寺(和歌山県岩出町にある新義真言宗総本山根来寺)の末寺で「摩頂山圓通寺智光院」という寺院であった。しかし、天正十三年(1585)、豊臣秀吉が大軍をもって和泉から根来に入り、根来・雑賀の一揆を鎮圧する。その兵火を受け、和泉一帯の根来勢力はほぼ一掃される。別の寺伝には次のような記述がある。

「茲ニ天正十三年根来兵乱蜂起シ、當城戦乱騒擾之時、堂宇儘ク被為破壊、此時古来之山院寺號隠滅セシ」

つまり、当寺もこの戦乱の兵火に合い、堂宇が悉く破壊されたようである。

よって、開創年代を詳らかにすることはできない。そして、天正兵乱以後、根来寺の勢力は急激に衰える。和泉地方一帯の人々も、明け暮れる戦乱に疲れ、真の救いを求めて浄土宗のお念仏に帰依の心を深めていく。当寺も新義真言宗から浄土宗へと人々の求めに呼応していく。

浄土宗としての第一世は、團蓮社傳誉上人である。位牌も無く、入寂年歴不詳であるが、「當寺開山團蓮社傳誉和尚」と書かれた御名号一軸が現存するので明らかである。その後、二世 玉誉上人(入寂年歴不詳)が文禄二年(1593)に中興し、寺号のみ改称して、正覚寺と名付けた。

元和元年(1615)大坂夏の陣で豊臣氏が滅亡すると、ようやく戦乱の世に終止符が打たれる。このころ、根来寺より宰相行順大徳(宰相=僧侶でありながら俗世間で政治に参与し、大きな影響力を持つに至った権力者の側近の意か)が来錫、正覚寺第三世となる。

寺伝には「三世之住宰相行順者真言之僧徒也。改宗之後、専勉浄教矣。然或夜當寺鎮守天照太神告夢、行順汝此地者念佛三昧之霊場開示群生之旧跡也。西海岸聳月輝窓中、東山峯晴日照此邑、勤行不懈者守護亦無閣。愕然而夢覚畢。従尓山名日照院名寶池者也。」とある。

これによると、宰相行順大徳はもと根来寺の僧侶であったが、兵乱に合い、その後、正覚寺に来て浄土宗に改宗したようである。そして、浄土の教え、お念仏を専らにしていたところ或る夜、当寺の鎮守である天照太神の夢のお告げがあった。

「行順よ、ここはお念仏の声の絶えることのない霊場である。また、ありとあらゆるものに教えを説き示すべき処である。西方の海岸に聳えた月の光が窓の中に輝き、東の山々は晴れ渡り日の光がこの村を照らす。念仏を怠るな、さすれば我も見守っていよう。」

驚いて我にかえったところ、夢は覚めた。

そして、山号を日照山、院号を寶池院と名付けた。

以上、この三代によって浄土宗としての正覚寺の礎が築かれたのである。